Top > コールセンターシステム > コールセンターシステムの「一式」レンタル(3)

コールセンターシステムの「一式」レンタル(3)

システムのレンタル、と聞くとリースを思い浮かべてしまいがちですが、リースとの違いは同じものを数年使い続けるのではなく、「サービスの提供を受ける」点にあります。

具体的には、システムが破損した場合であっても、サービスの提供を行っている会社が新しいものに交換を行い、契約者は引き続き月額の料金でサービスの提供を受けられという事になります。契約期間中、保証が受けられる点がリースでの導入と大きく違う点になります。

 

導入費用を抑えつつ高機能のシステムを運用、メンテナンスや保証を受けられ、かつ運営費用も月額の料金で済み、導入時の費用もフレキシブルに変動できます。

 

システムのリースや一括買い上げによる導入で、メンテナンス費用やライセンス費用でコストがかかってしまうよりもレンタルサービスを活用し、費用を抑えてリースや一括買い上げと同様の運用を行う方が、賢い導入方法と言えます。


コールセンターシステムなら実績豊富なオープンコムにご相談下さい!

コールセンターシステム

関連エントリー
コールセンターシステムの「一式」レンタル(3)